ビック酒販現金・デビットカードで、3%ポイントサービス!詳しくはこちら!
ビック酒販トップお酒の豆知識お店のご案内ネットショップ会社案内
※当サイトでの販売は行っておりません。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※未成年者へのお酒の販売はいたしません。
ビック酒販トップお酒の豆知識日本酒はお肌に良い?!
お酒の豆知識   お酒にまつわる豆知識〜日本酒編

日本酒はお肌に良い?

日本酒がお肌に良い、というのは、いまや定説となりました。飲むだけではなく、お肌にも、カラダにも良い日本酒と上手に付き合えば、あなたも素肌美人に!

日本酒で体すっきり!

日本酒には、収縮した血管を広げ、血行をよくする働きがあります。 そのため 毛細血管の働きを良くするので、入浴やマッサージと同じように筋肉のコリをほぐすことが出来ます。

また、 日本酒は他のお酒と違って、飲むと体温を2度ほど高い状態に保つことが出来ます。つまり、皮膚の表面の 血液循環が良くなり、冷えの予防にもなります。

日本酒でお肌つやつや!

日本酒の化粧水があるほど、日本酒がお肌によい、というのは有名な話になりました。

では、どのような効果があるのか、と言うと、まず、上記に記したように、血行を良くしてくれるので、皮膚の表面の血液循環が良くなり、肌につやが出てきます。保湿効果もありますので、しっとりとつやつやなお肌になります。

そして、日本酒の原料に含まれているコウジ酸が、しみやほくろに含まれるメラニン色素を抑える働きがあるので、美白効果が期待できます。 さらに、日本酒には細胞の老化を防ぎ、活性化させる効用もあることが分かっており、お肌の老化も防いでくれます。

酒風呂は、ぬるめのお湯に、コップ2杯程の日本酒を入れ、入浴するだけ。保湿効果が高くなり、肌が乾燥しにくくなることが確かめられています。 日本酒の美白効果と同じく、酒粕にも美白効果があります。

酒粕を、お湯か日本酒でクリーム状に溶いたものを、洗顔した後の顔に塗って、10分ほど待ち、その後、石鹸などを使わずに洗顔するだけで、お肌がだんだん白く、つやつやしてきます。

酒粕までカラダにいい!

体に良いと言われる日本酒ですが、その薬効成分のほとんどは「コウジ」からできています。その麹が残る酒粕には、糖分、タンパク質、無機質、ビタミン、繊維質等、体に良いものがたくさん入っています。

酒粕には悪玉コレステロールをやっつけ、善玉コレステロールを増やし、総コレステロール値を下げる働きがあります。お料理などに使うことによって、高血圧や骨粗しょう症、動脈硬化、老化防止、ガンの予防に役立ちます。

  • 酒粕湿布・・・捻挫や腰痛に効きます。酒粕をガーゼなどに包み、患部に貼るだけ。腫れや痛みが引きます。
  • 火傷に板粕・・・火傷してしまったら、流水で患部をよく冷やし、軽くあぶった板粕を冷ましたものを傷口に貼ります。熱を早く取り、酒の薬効成分が傷に効くとされています。
  • ヒビ・アカギレに酒粕・・・ヒビには酒粕を水でどろどろに溶かしたものを塗り、しばらくしたら洗い流します。あかぎれのときは、やわらかい酒粕を患部に塗り、絆創膏で止めます。
▲このページのTOPへ▲
→お酒の豆知識TOPへ
トップ | お酒の豆知識 | お店のご案内 | 会社案内
ビックカメラ生毛工房ビックトイズビックスポーツビックコンタクト東京サービスステーション
ご質問・お問い合わせ先 メールアドレス:shuhan-net@biccamera.com

Copyright(c) 2005 ビック酒販. All Rights Reserved.