ビック酒販現金・デビットカードで、3%ポイントサービス!詳しくはこちら!
ビック酒販トップお酒の豆知識お店のご案内ネットショップ会社案内
※当サイトでの販売は行っておりません。 ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。※未成年者へのお酒の販売はいたしません。
ビック酒販トップお酒の豆知識アルコールのカロリーについて
お酒の豆知識   お酒にまつわる豆知識〜日本酒編

アルコールのカロリーについて

お酒を飲むと太る?

夏にはざるそばと冷でくいっと。冬はおなべに熱燗できゅっと。

どの季節にも美味しい日本酒ですが、日本酒はお米から出来ているから太る!と思われている方が多いようです。

しかし、日本酒や他のビールやウイスキーなど、お酒類は実は太らないのです! お酒に含まれるカロリーは「エンプティーカロリー」と呼ばれ、たんぱく質やビタミンなどの栄養分が含まれていないため、 体内に吸収されず、熱として放出されてしまうのです。

お酒のカロリーは、アルコール分に比例するので、度数の高いものほどカロリーが高くなります。 アルコール1gあたりのカロリーは、どのお酒も約7kcalです。

お酒の種類 平均的な
アルコール度数
100ml当たりの
カロリー
アルコール1%
当たりのカロリー
赤ワイン 12% 約70 kcal 約5.8 kcal
ビール 5.0% 約42 kcal 約8.4 kcal
日本酒 15% 約105 kcal 約7.0 kcal

お酒を飲むと太ってしまう人とは?

では、なぜお酒を飲むと太ってしまうのか。

それは、合わせる肴によるのです。お酒で摂取したエネルギーを優先的に消費するため、 食べた分は利用されず、体脂肪となり、体内に蓄積されてしまいます。そのために、 つまみとしてカロリーの高いものを食べたりした場合、体内に残り、太ってしまうというわけです。

刺身と日本酒は理想的

日本酒に限らず、お酒は食欲を促進させる働きがあります。また、アルコールを摂取することにより、いろいろな栄養素の代謝も変化します。つまり、お酒を飲む上でも、栄養のバランスが大事、ということです。

特に、タンパク質、脂肪、炭水化物の摂取量の比率が極端に変化しないよう、おつまみにも気を使うことが大切。

例えば、日本酒を飲む場合、刺身、焼き魚、焼き鳥、豆腐、納豆、菜っ葉など、栄養素のバランスをとりやすい食品を酒の肴にするのが理想的とされています。

同じ鳥でもこんなに違う!
▲このページのTOPへ▲
→お酒の豆知識TOPへ
トップ | お酒の豆知識 | お店のご案内 | 会社案内
ビックカメラ生毛工房ビックトイズビックスポーツビックコンタクト東京サービスステーション
ご質問・お問い合わせ先 メールアドレス:shuhan-net@biccamera.com

Copyright(c) 2005 ビック酒販. All Rights Reserved.